作業員

不用品を再利用|瓦礫選別なら専門業者に任せよう

ゴミから資源を生み出す

解体工事

経済的なメリットあり

ビルや住宅等の新築工事や解体工事を行うと、大量の瓦礫が発生します。この瓦礫はそのまま廃棄する場合は混合廃棄物、すなわち産業廃棄物扱いとなり、指定業者に処分費を支払って廃棄を委託することになります。ただ、こうした瓦礫の中には、木材や紙など、別の方法で処分することができるものも混じっています。瓦礫選別によってそれらを取り除き、廃棄物の分量を減らせば、処分にかかる費用を節約することができます。また、建設資材の再資源化を推進する法律が平成14年に施行されて以降、一定規模以上の新築工事や解体工事においては、廃棄物の分別とリサイクルが義務づけられるようになっています。砂利やコンクリートがらなど、瓦礫の中には分別・精製すれば再資源化可能な資材がたくさん混入しています。瓦礫選別は、限られた資源の保護及び有効活用という観点からも必要なものとなっています。瓦礫選別が建設・解体業者にとって意味を持つ理由は、処分費用の節約及び法令順守の他に、もう1つあります。それは、再資源化した廃棄物を売却することで、現金収入が得られることです。それまではただのゴミでしかなかったものが、瓦礫選別によって利益を生み出す「宝の山」に変わるチャンスがあるのです。瓦礫選別には自ら行う場合と、専門業者に委託する場合の2通りのやり方があります。前者は自走式のふるい機などを使用すれば、現場で建設または解体作業と並行しながら分別を行うことができます。一方、後者の場合は買取も行っている業者に依頼すれば、事務の手間が省けます。