作業員

不用品を再利用|瓦礫選別なら専門業者に任せよう

効率とコスパの良い業者

廃棄物

チェックしておきたい点

工事や解体などで出る様々な廃棄物や瓦礫の処分を専門にしている業者は数多くあるが、だからこそ業者選びには迷うという声も少なくない。瓦礫選別や処分業者を選ぶ時のポイントとして最初に挙げられるのは、費用とサービスの内容をあわせて比較することだろう。手作業による瓦礫選別は時間がかかるだけでなくコスト的にも安いとはいえない。その一方で専用機器による選別であれば時間とコストの両方を削減することも可能である。選別機にも種類があり、トロンメルや円形ドラム式など機会によって選別方法や選別できる瓦礫の種類も異なる。現場に最適な選別機があるか、選別機のレンタル料やサービスの料金が予算に収まるかは併せてチェックすべき重要な点である。ちなみに瓦礫選別の場合、瓦礫の廃棄処理まで併せて依頼できる業者の方が費用と手間をカットできると言えるだろう。それぞれを別の業者に任せる場合、料金が別々に発生してしまうことに加え、作業日が最低でも余分に一日必要になる計算である。しかし、瓦礫選別と廃棄を同フロー内で行う場合はこの限りではない。作業日を設ける必要がない場合は人件費や機器のレンタル料もカットできるため、大幅な費用削減につながるだろう。とはいえ、廃棄物の処理には公的許可が必要であり、許可証を授与していない業者に寄る廃棄は法律に抵触する恐れもある。業者が産業廃棄物処理の許可証を有しているかどうか、また現場の瓦礫と業者の許可証の区分がマッチしているかどうかも事前に確認しておいたほうが良い。